是里ワイン醸造風景

収穫

収穫 おいしいワインをつくるため、温度、日照時間、水分、土壌などの自然条件のもと、品質のよい葡萄を育てます。 9〜11月頃、手作業で一房づつ丁寧に収穫します。

除梗破砕(じょこうはさい)

破砕 収穫した葡萄は、房の茎である果梗(かこう)をとり除きます。
この作業を除梗(じょこう)といいます。
さらに、玉(実)を軽く潰して果汁を取り出しやすくします(破砕)。

圧搾(あっさく)

圧搾 【白ワイン】
破砕したブドウを圧搾機に入れ、ブドウから果汁を取り出します。

【赤ワイン】
赤ワインはここでは圧搾を行いません。破砕され、果皮や種子を含んだままのブドウを直接タンクに入れます。数日間醗酵し、色や渋味が引き出された後、圧搾します。

醗酵

醗酵 糖分が少ない場合は補糖し、酵母を加えます。
ブドウの果汁は、酵母の働きで醗酵をはじめ、糖分が分解され、アルコールと炭酸ガス(写真の泡)ができます。 醗酵期間は10〜20日間です。

【白ワイン】
酵母を加え17℃前後の温度で20〜30日間、低温で醗酵させます。

【赤ワイン】
皮、種子のまま醗酵タンクに入れ30℃以下の温度で醗酵させます。
数日間醗酵し、色や渋味が引き出された後圧搾し、皮、種子と醗酵液とを分離します。分離した醗酵液を糖分がなくなるまでさらに醗酵させます。

オリ引き

オリ引き 醗酵が終わったばかりのワインは濁っています。澱(オリ)とは、不純物や酵母のカスのこと。醗酵が終わったワインを静置し、オリを沈殿させ(オリ下げ)、取り除く(オリ引き)作業を繰り返します。オリ引きごとにワインは次第に透明度を増していきます。

熟成

熟成 熟成期間は1〜2年ぐらい。 この間年に1〜2回オリ引きもし続けます。
醗酵の終わった若いワインを、樽やタンクにつめて熟成させます。
この間に香り高い熟成香が生まれ、味わいにも深みが出ます。
熟成の方法や期間は、ワインの種類や性格によって違います。
オリ下げが終了してワインに透き通った輝きが出てきたら瓶に詰めます。
熟成させたワインをさらにろ過して清浄します。ろ過材には珪藻土を使います。

ろ過

ろ過 珪藻土ろ過や、フィルターろ過を行い、ワインの中の不純物や酵母のカスを完全に取り除きます。

瓶詰

瓶詰の様子 コルカー部の分解 各部品の点検 クリーニング 充填部の組立部品 充填部の交換部品 充填部のビン台 取付 完成
  • 瓶詰の様子
  • コルカー部の分解
  • 各部品の点検 クリーニング
  • 充填部の組立部品
  • 充填部の交換部品
  • 充填部のビン台 取付
  • 完成
※サムネイル画像をクリックすると、上に表示されます。
ビンを洗浄し、ワインの香りや味わいを損なわないように低温殺菌をしてビン詰します。
その後さらに熟成させるワインもあります。その場合、飲み頃になるまで、暗く涼しい静かな貯蔵庫で寝かせます。
豆知識
ビン詰ラインのメンテナンス時に、日頃、皆様になかなかお見せできない裏側を撮影しました!
こちらで少しだけ公開します!!
左の小さな写真をクリックしてご覧ください♪

ラベリング・出荷

ラベリング コルク栓の部分にキャップシールを被せ、ボトルにラベルを貼り、出荷されます。