こだわり

岡山特産果実から作られる繊細な味わいをご堪能ください。

是里ワイナリー外観1

 是里ワインは、昭和60年より赤磐市是里でワインの醸造を始めました。その後、平成7年に「岡山農業公園・ドイツの森」内に工場を移転し、近代的な設備のもと新たにスタートしました。

 創業以来27年が経ちましたが、この間のワイン造りを通じて考える事があります。これは、ワイナリーの誰しもが感じる事かもしれません。優れたワインを生み出すために大切な事・・・それは原料となる"ブドウ"が一番重要な要素であるという事です。
優れたワインをつくる上では、もちろん近代的な設備や醸造技術も必要でしょう。しかし、一番大切な要素・・・それは良質なブドウ栽培なくしては語れません。

是里ワイナリー外観
 是里ワイナリーのホームグラウンド、赤磐市には優れた果実の栽培地がいくつかあり、ブドウや桃の栽培が盛んです。中でも、是里地区は、標高300〜350mにあり、良質なブドウが栽培されています。

 ブドウ栽培家の方が大切に育てたブドウ・・・そのブドウの特性を最大限に引き出し、より良いワインに仕上げる事がワイナリーとしての責任でもあります。

 27年が経過した是里ワイナリーですが、まだまだ発展途上のワイナリーでもあります。 私達は、もっともっと技術を磨き、皆様に愛され続けるワイナリーとなるようこれからも努力を惜しまず進んで参りたいと思っております。
是里ワイナリー外観